FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むすんで講座⑦終了しました

2月19日(日)、むすんで講座⑦を開催しました。
7年周期の3回目です。

この日の参加者は7名。
早春の柔らかい日差しの中、
瀬川家にはひな人形が飾られていました。

すべてシュタイナー教育の背後には、
人智学がもとになっています。
人智学というのは、一人一人の人間が
自分自身、自分個人を突き詰める道です。
シュタイナー教育の目標は、生まれてくる子供たちの自我が、
21歳頃になってしっかりと大地に根付くようになることです。
(アルマシュミット先生講義録 シュタイナー教育入門)


シュタイナーは、人間は7年周期で成長すると考え
21歳で成人するまでを3期に分け、
0~7歳を第1-7年期、
7~14歳を第2-7年期、
14~21歳を第3-7年期としました。

それぞれの時期に応じた環境づくりが
わたしたち大人の仕事です。
先日のやまかげはるかさんのお話会でも
出てきた言葉ですが、周りの大人は
子どもにとっていい環境となるよう
努力しなければなりません。

別にシュタイナーを学ばずとも、
そこを理解している人は多いでしょう。
しかし、人智学に触れていくと
人間とはなんぞや、という壮大なテーマについて
考える機会に恵まれます。
そこからノウハウだけではない教育が
自然に広がっていけば理想なんじゃないかと思います。

次のむすんで講座は3月12日(日)7年周期の4回目になります。
今年度は最後となりますので、よろしくお願いいたします。
場所は瀬川家で。お足もとにお気をつけておいでください。

スポンサーサイト

5巻まとめて鑑賞会を行いました

2月4日(土)、紫波町オガールの情報交流館で
<子安美知子さんとたどるシュタイナーの世界>
5巻まとめて鑑賞会を開きました。

DSC_0981_400.jpg

11月にも開いたこの鑑賞会。
シュタイナーがいかに幅広い分野で
独自の見解を示しているかがよくわかる
貴重な映像です。
私はこのDVDを見るのは4回目ですが、
内容が濃いためにその都度新しい響きがあり
以前観たときになんとなく感じたことが
更により濃く自然に消化できる気がします。

この日の参加者は12名。
長時間でしたがみなさん熱心に観ていました。
また機会をみて、鑑賞会をひらく予定です。

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。