10月のひらいて講座のご報告

10月23日(日)、オイリュトミー体験講座を開催しました。
今回、前半に親子の体験を考えていましたが
残念ながら親子の申し込みが無かったため
子どものオイリュトミーを大人が体験したのち
オイリュトミーとはどういうものかという甲原先生のお話や
質問をしたりする時間にさせていただきました。
後半は予定通り、大人のオイリュトミーを体験しました。
この日の参加者は10名。
シュタイナー幼児教育に長く関わってこられた方や
現在劇団に所属されているという若い男性の参加もあり
新しい出会いとともに凝縮された時間を過ごすことができました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■子どものオイリュトミーを大人が体験する

季節は秋。こどものオイリュトミーのテキストは
「おばけリンゴ」(ドイツ/ヤーノシュ/矢川澄子 訳)
甲原先生も、リンゴをイメージして真っ赤なオイリュトミードレスでした。

子どもは模倣の時代ということですので
事前説明はせずに、とにかく先生の真似をさせるそうです。
甲原先生のお話に合わせて私たちもオイリュトミーで表現しました。
私は「おばけリンゴ」は初めて聞くお話だったのですが
先生の語りがとても上手で振り付けも面白い。
お話の世界に自分が巻き込まれ、登場している錯覚が生まれます。
聞きながら話している感じがします。

しばらくやっているうちに、だんだんと覚えてきます。
何を覚えるかというと、例えば、「A」のオイリュトミーは
受け入れることや喜びを表現しますが、
"おおきなおおきなりんごがなり、とっても嬉しくなりました"
というような場面になると、身体が自然に「A」をとるようになりました。

これって、「嬉しい時は笑う」とか、「悲しい時は泣く」とか、
自分の感情の表し方を、模倣により学ぶ子どもそのもの?
色んなことを、模倣により覚えてきたであろう自分に
改めて出会った瞬間でした。

■オイリュトミーについてのお話

オイリュトミーは、ドイツ語の「オイ=美しい」と「リュトミー=リズム」の造語です。

オイリュトミーとは、シュタイナーが「老若男女問わずできる運動はないですか?」と周囲に求められ、奥様と共に考案した身体芸術です。

オイリュトミーにはどんな効果がありますか?と保護者に質問された際に甲原先生は「どんな効果を求めて、お子さんと美術館に行かれますか?それと同じだと思います」と答えられるそうです。

オイリュトミーのテキストは、まずは季節を意識し選びます。
春は芽吹きや花のイメージ、夏はエネルギーの開放、秋はエネルギーを放出しきってから収穫を迎え、そして冬は春へむけた準備というように、子供たちが季節を感じられ、また次の季節につながるようなものを選ぶということです。
例/春→「ねっこぼっこ」
(ドイツ/ジビュレ・フォン・オルファース/秦 理絵子 訳)など
音楽は、日々、意識しながらフレーズを集めたり、作曲もされているそうです。

「オイリュトミーの公演があれば是非見てみたい」との意見が出ました。
最近仙台ではオイリュトミーの本格的な公演は行われていないようです。
先生も、発表会は行っても公演はされていないそうですが、
要望があれば、とのことでしたので、今後考えていければと思いました。


■大人のオイリュトミー

銅の球「クーゲル」をまわし、全員の熱を肌で感じます。
他の人の熱に、自分の熱が交わっていくのを感じます。
渡すのと同時に受け取ります。
与えることは、受け取ることであると意識します。

EVOE「エヴォエ」
ピアノに合わせて天使の挨拶を行いました。
他の人と交わり、そっと肩に触れて挨拶をしました。
E(イー)は交わりを表し、
VO(フォー)は恵みを相手に降り注ぐイメージです。
最後は自分の胸の前で腕を交差し、Eをとります。

木の球のクーゲルも今回初めて使いました。
銅のクーゲルと同じように全員の熱を感じ、
勝手に動く木の球に私たちがくっついていくような動きで
人と人の間を通り、出会い、元に戻る動きをしました。

不思議だったのが、適当に4人ずつに分かれる場面が
2度あったのですが、2度とも同じメンバーだったこと…。
テーマがEVOEだっただけに、何かを感じざるをえません。
EVOE=天使の挨拶  
出会いと交り、そして与えることは受け取ること
心を込めて繰り返し、とても心地良く感じました。

甲原先生の講座を受けるのは3度目でしたが、
いつも違う内容で、オイリュトミーの奥深さに驚くばかりです。
初めは”不思議なもの”というイメージでしたが
3度目となると、マイナーだから”不思議なもの”なだけで、
これを「体操」と捉えたとき、日常的に行われるものだとしたならば、
日本のラジオ体操よりも断然いいんじゃないかしら??
と、思うようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回のひらいて講座は
12月18日(日)紫波町オガールにて
13:30~15:30
「シュタイナー教育による水彩画(ぬらし絵)体験講座」です。
詳しく決まりましたらまたご案内いたします。

スポンサーサイト

子安DVD 全5巻まとめて鑑賞会

今年のオーガニックフェスタでも上映した、
<子安美知子さんとたどるシュタイナーの世界>のDVD。
ドイツのシュタイナー実践運動の現場をNHK衛星第2のテレビ番組と
独自取材にもとづき制作されたもので、
シュタイナーの世界がとてもわかりやすくまとめられています。
現在は販売されておらず、貴重な映像となってしまいました。
私たちも苦労して手に入れたので、
戸棚にしまい込んでいてはもったいない!ということで

<子安美知子さんとたどるシュタイナーの世界 
全5巻まとめて鑑賞会>


を開くことにいたしました。
時間に融通がきくように、全5巻続けて映像を流します。
入退室自由ですので、お好きな時間帯にお越し頂けます。
今後も不定期で開催するつもりです。
都合がつかず観れない巻についてはまた次回観に来て下さい。

2016年11月12日(土)
10:00~15:00 
入場無料 入退場自由
場所/権三ほーる(岩手県紫波群紫波町日詰郡山駅)
※ならいまち駐車場(無料)をご利用ください。
権三ホール地図_400
               (11/7 地図を追加しました)

DVD内容(1巻60分)
★自由への教育
10:00~ 1巻/教育は芸術だ
11:00~ 2巻/教室は社会へ広がる
12:00~ 3巻/シュタイナー教育の原点へ
★シュタイナーの思想と社会実践
13:00~ 4巻/農業と共同体
14:00~ 5巻/医療と金融

お問い合わせはNPO法人ポラーノの広場
090-1930-7630瀬川までどうぞ。


むすんで講座④を行いました

9月25日、シュタイナーから学ぶ むすんで講座④
12感覚器の最後の日となりました。

最後と言っても、4月から1~2時間×4回行った講座で学べる
12感覚器の話といったら本当にさわりのさわりなのでしょう。
残念ながら全部は理解できませんし、覚えられません(笑)
次回から7年周期に入りますが、そのうちまた12感覚器を
繰り返しやってみるのがいいかと思っています。
2016年には(?)だったことが、(!)に変わるかもしれません。
楽しみです。


12感覚器

1、 触覚
2、 生命感覚
3、 運動感覚
4、 平衡感覚
5、 嗅覚
6、 味覚
7、 視覚
8、 熱感覚
9、 聴覚
10、言語感覚
11、思考感覚
12、自我感覚

この日は、聴覚・言語・思考・自我感覚について考えてみました。
音を聞くこと、言葉を話すこと、考えること、自分がいること。
全て高次の感覚ですが、そんなことは気に留めることなく
普段私たちはなにげな~く生きています。

でも、そこをよく考えてみると、
日常の問題、わかりやすい事で言えば人間関係の問題に
前むきに取り組むヒントがあるように思えました。
負の側面は私たちに相手の存在を知らせてくれます。
他者との間で共感と反感を繰り返す中、
自らの自我が壁や槍となり相手を拒否したり攻撃したりすることがないよう自らの自我を開放して、きちんと聞くことや話すことができれば世界は大きく変わるだろうと思います。

4日後の9月29日はシュタイナー学校で「ミカエル祭」が行われます。
ミカエルがうち落した蛇(ドラゴン)がモチーフのフォルメンを描いて
この日は終了しました。

DSC_0351_400.jpg

これから昼より夜(闇)が長い季節になります。
私もこれを機会に自分の内面の闇=うち落とすべき「蛇」を
見据えることといたします☆



次回は10月23日(日)に、紫波のオガールにて
親子のオイリュトミー体験講座があります。
どなたでも参加できます。
事前にお申し込みください。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR