FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月のむすんでひらいて

2月のむすんでひらいて

2月7日(日) 13:30~16:30  
《子安美知子さんとたどるシュタイナーの世界》 自由への教育Ⅰ~Ⅲ

2月21日(日) 13:30~16:30  
《子安美知子さんとたどるシュタイナーの世界》 シュタイナーの思想と社会実践Ⅰ~Ⅱ

場所  /
オガールプラザ2階 紫波町情報交流館 
小スタジオ(東北本線紫波中央駅前)
参加費 / 500円
予約  / 前日までにお申し込みください。
内容  /
子安美知子さんと娘のフミさんが、ドイツでシュタイナー実践運動の
現場をレポートした映像を鑑賞します。

●シュタイナー学校の授業風景   
●シュタイナー教育における芸術とは
●障がい者治癒教育    
●バイオダイナミック農業と共同体運動
●全人的医療を目指す病院    
●新しい形の銀行

DSC_1098 (2)_160DSC_1114 (2)_160
DSC_1105 (2)_160DSC_1103 (2)_160


【子安美知子さん】
日本のドイツ文学者、ドイツ語翻訳者。早稲田大学名誉教授。
ドイツの教育者ルドルフ・シュタイナーの思想である人智学(アントロポゾフィー)と教育実践であるシュタイナー教育(ヴァルドルフ教育)を日本に紹介した。
著書 / シュタイナー学校卒である娘のフミさんを主人公に書いた「ミュンヘンの小学生」など

これからの予定
3月13日(日) 13:30~16:30
岩手大学教育学部 遠藤孝夫教授による講演会
オガールプラザにて

スポンサーサイト

1月のむすんでひらいてご報告

昨日オガールプラザで行われた、
おひさまの丘 宮城シュタイナー学園代表
福島玲子さんのお話会」では
合計27名のかたが参加となりました。

今年4月に開校する、東北で初めてのシュタイナー学校。
記念すべき第一期生の一年生を担当するのは福島玲子さんです。
今回は、その1年生で行う授業を体験した後、
開校にいたるまでの経緯や想いなどをお話してくださいました。

はじめに、歌や祈りの言葉、オイリュトミー、お手玉など
「リズムの時間」という、体を動かす時間を体験しました。
体の目覚めを呼び起こし、体の準備が整ったところで
その日の勉強に入るためです。

その後、算数のエポック授業を体験。
低学年は、お話から始まります。
足し算、引き算、掛け算、割り算の小人が登場し、
それぞれが「タスート」や「ヒクンゾ」といった
可愛い名前を持っています。
私は、お話が自分の心に入ってきて小人が勝手に動き出すのを
感じました。

IMG_1073_400.jpg

長方形のクレヨンで、先生が絵を描きます。
家の周りにその可愛い名前の小人たちがいる絵です。
1年生は模倣の時代なので、その絵を見ながら
生徒もクレヨンで真似して描きます。

IMG_1097_400.jpg


福島玲子先生は、公立小学校の教師を経て
ドイツや横浜のシュタイナー教育教員養成講座を終了。
震災後、心のケアを手掛ける芸術療法ワークショップの
ドイツチームを受け入れた際に、
シュタイナー教育との共通点を見いだしたことがきっかけで、
周りの人の協力のもと開校を決意されたそうです。

お人柄は、優しさが体全体から溢れ出ています。
様々な理由で死にゆく子供たちに心を痛め、涙されていました。
自分はおひさまの丘で、「死なない子供」を育てたいと
強い信念を持っておっしゃったことが、私の心に響きました。
これから続く長い道のりを、その優しさと強い信念で歩まれるのだと思います。

今回は、多数のお申し込みにより急遽大スタジオに変更しました。
若いお母さん、お父さんたちの姿もあり、とても嬉しいことです。
先生が皆に向かって言いました。
「さあ、あなたたちはこれから何をするんですか?」

行きつくところは、いつもその問いです。
それぞれが自分の判断で何を実践するか。
難しいですが、機が熟せば歩き出せるよう、
学びは続けていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

2月のむすんでひらいて

2月7日(日)、13日(日)
13:30~16:30
オガールプラザ小スタジオです。
子安美知子さんとたどるシュタイナーの世界を鑑賞します。

ポラーノまつり2016の募集要項を公開いたしました

こんなに雪がない年は初めてです。
でも、電光温度計は-5℃。
それなりに寒いのですが、雪の中で生活する
寒さとは体感温度が違い過ごしやすいです。
皆様の地域ではどんな冬をお過ごしでしょうか?

ポラーノまつり2016の募集要項をHPにて公開いたしました!
http://polanocraft.wix.com/otonomori

ポラーノまつり2016
2016年6月4日(土)、5日(日)の2日間
10:00~16:00

募集数
クラフト部門…80組
飲食店部門…30組
音楽・パフォーマンス部門…10組
(音楽・パフォーマンス部門の公募はいたしません)

2016年度のポラーノまつりの会場設営は
現行のビューガーデン「しばふ広場」に加え
新たに「森の広場」を増設しました。
クラフト、飲食店ともにブース数を増やし
賑やかに開催いたします。

たくさんのご応募お待ちしております。

涼 IMG_1965_400



おひさまの丘へ行ってきました

新年明けましておめでとうございます。

仕事はじめは身体も心もフレッシュです!
ポラーノの広場は、今年も夢と希望を胸に
活動していきたいと思います。
どうか宜しくお願いいたします。

・・・昨年の暮れのお話ですが、
おひさまの丘 宮城シュタイナー学園にお邪魔してきました。
http://ohisamanooka-steiner.jp/
2013年から利府町で開催されていた、
シュタイナー学校教員養成プログラムin仙台に
私、中村が参加するためです(突如)

第2年度の最終回となる今回の講座は、来年4月に開校する
おひさまの丘(宮城県仙台市青葉区)を会場とし、
5日間のプログラムで行われました。

仙台駅から仙山線で北山駅下車。
もともとは山だったのでしょう、坂の多い町でした。
学園も、緑が生い茂る山の中にありました。

DSC_1041_400.jpg

DSC_1044_400.jpg

朝日が燦々と降り注ぐ一軒家が、校舎になります。
まさに「おひさまの丘」でした。(写真が悪くてすみません~)

講座の内容は、今まで参加していなかった私でも
とても勉強になることばかりで、
何より皆さんの真剣な言葉や姿勢を目の当たりにでき
大きな収穫だったと思います。

1月17日は、紫波のオガールプラザで
おひさまの丘 宮城シュタイナー学園の代表である
福島玲子さんのお話会を開きます。
http://polanohiroba.blog.fc2.com/blog-category-7.html
4月の開校に向けてお忙しい時期ですが、
今後はもっと多忙になられると思いますので
福島さんのお話を岩手で聴くのは貴重になってくるのではと思います。

質問の時間も設けたいと思いますので、
是非、足を運んでみてください。
多くの方のご参加、心よりお待ちしております。

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。