スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もお世話になりました

今年も残すところあと僅かとなりました。
あっという間に1年が過ぎていく気がしますが、
ふり返れば今年も沢山の出会いや躍進がありました。
来春でポラーノの広場も四年目を迎えます。
地道な活動ではありますが、少しずつ前に進めているのも
関わってくださる人たちの理解と手助けあってこそだと思っています。
この場をお借りして御礼を申し上げます。ありがとうございました。

来年は更なる飛躍を目指して頑張ります。
何卒宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

1月のむすんでひらいて

1月のむすんでひらいて

おひさまの丘 宮城シュタイナー学園 
福島玲子さんによるお話会



日時 /  
2016年1月17日(日) 14:00 ~ 16:30

場所 /  
オガールプラザ2階 紫波町情報交流館
小スタジオ (東北本線 紫波中央駅前)

参加費/ 
500円

内容 / 
福島玲子さんによる大人のシュタイナー学校体験と
宮城シュタイナー学園設立への想いをお聴きします。

予約 /
1月15日までにポラーノの広場までお申し込み下さい。
※FBからでもお申し込みできます。
https://www.facebook.com/events/1045303938854469/

託児 /
ご希望の方はお申し込みの際にお知らせください。

<福島玲子さん>
おひさまの丘 宮城シュタイナー学園代表
2016年4月開校 
http://ohisamanooka-steiner.jp/

おひさまの丘宮城シュタイナー学園は、ルドルフ・シュタイナーの思想を教育理念とするフリースクールです。芸術としての教育を通して自分の心で感じ自分の頭で考え、そして行動する人間(=真に自由な人間)を育てる、全日制の小・中学校9年間の一貫校です。

子どもたちの健やかな成長のために、おひさまの丘は「保育園事業」「大人のためのシュタイナー教育講座」「シュタイナー学校教員養成プログラム」を仙台市・利府町を拠点として実践してまいりました。その実績とネットワークを生かし、東北初のシュタイナー学校の開校に向けて準備を進めています。

(おひさまの丘 宮城シュタイナー学園ホームページより)

※東北で初めてのシュタイナー学園を立ち上げられる
福島さんの貴重なお話をお聴きするチャンスです。
沢山のかたのご参加お待ちしております。





2016年 これからの予定■ 

2月 7日(日) 
《子安美知子さんとたどる シュタイナーの世界》
自由への教育Ⅰ~Ⅲ DVD鑑賞会

2月21日(日)
《  〃  》シュタイナーの思想と社会実践Ⅰ~Ⅱ 
DVD鑑賞会

3月13日(日)
岩手大学教育学部 遠藤孝夫教授による講演会

※予定が変更になる場合があります。



ポラーノまつり2016 開催日と名称について

今年の6月に開催された
ポラーノまつり2015 クラフト市場♪音の森 は
沢山のお客様をお迎えし、賑やかな二日間となりました。

第三回目の開催となる2016年度の日程が決定しましたので
お知らせいたします。


とき / 2016年 6月4日(土)、5日(日) 10:00~16:00  

ところ / 紫波ビューガーデン

HP / http://polanocraft.wix.com/otonomori
   (HPのリニューアルがまだですが、随時進めていきます)


なお、イベントの名称は
今までの「クラフト市場♪音の森」という副題がなくなり、
『ポラーノまつり2016』となりますが、
イベントの内容は変わりません。

応募要項は年明けに公開する予定です。
昨年よりも申込締切が早まっておりますので
出展を検討されているかた、お早目にお申し込みください。

沢山のご応募をお待ちしております。




11月のむすんでひらいてご報告

早いものでもう12月となりました。
昨年はこの時期、どっかり雪が降りました。
寒くて鼻水をすすりながら外仕事してました。
が、今シーズンは暖冬ということで、紫波町も例年より
暖かい初冬となっております。今のところ、ですが…

遅くなりましたが、11月のむすんでひらいてのご報告です。

この日の参加者は12名。
偶然ですが、東京賢治シュタイナー学校から
石鳥谷図書館に校外学習で訪れていた高学部のKさんも
参加してくれました。

DSC_0850_320.jpg

今回の座学では、12感覚器について主に学びました。
私たちは普段、五感や第六感という言葉を使いますが
実際に生きていくうえで必要な感覚器官は12あると
いうことを学びました。

①触覚
②生命感覚
③運動感覚
④平均感覚
⑤嗅覚
⑥味覚
⑦視覚
⑧熱感覚
⑨聴覚
⑩言語感覚
⑪思考感覚
⑫自我感覚

そして、座長の菊池さんから、この12感覚器には
対極性があるということも教えて頂きました。
時間の流れとともになんとなく動いているようにも錯覚してしまう
私たちの身体は、意志のある、実に尊いものであると感じました。
ぜひ幼児期にこの感覚器を豊かに育ててあげたいものですね。

座学の後は、フォルメンで五芒星形を描き、
算数の授業で行われる数の数え方などを体験しました。

DSC_0853_320.jpg

講座のあと、Kさんとお話をしたら、
「初めて聞くようなことが多かった」と言っていました。
シュタイナー学校の授業は、それぞれの教師が考えたやり方で
行われるそうです。
そしてどのような意図をもって生徒と接しているかなんて、
先生は教えないものですよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回のむすんでひらいては、年明けです。

2016年1月17日(日)
おひさまの丘 宮城シュタイナー学園
福島玲子さんのお話会です。
紫波町情報交流館 オガールプラザ2F 小スタジオ
13:30~16:30

東北で初めてシュタイナー学園を立ち上げられた
福島さんのお話はとても興味深いです。
皆様お誘いあわせの上どうぞご参加ください。


検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。