FC2ブログ

募集を締め切りました

ポラーノまつり2015 クラフト市場♪音の森
クラフト・音楽・飲食店の募集を締め切りました。

ご連絡いただいた方で、まだ申込書を提出されていない方は
大至急お願いいたします。

3月末日までに参加者の確定をし、ご連絡いたします。
よろしくお願いいたします。

クラフト担当 佐々木
音楽・飲食店担当 中村

スポンサーサイト

いよいよ締切間近です

ポラーノまつり2015 クラフト市場♪音の森
クラフト出展者、飲食店出店者、音楽出演者ともに
募集締め切りは3月16日(月)となっております。
検討中のかた、申込み忘れのないよう
お願いいたします。

ポラーノまつりの会場、ビューガーデンの
芝生広場です。
といっても、なにがなにやらわかりませんね(^_^.)
今週の降雪で一面雪景色に逆戻りです~

DSC_0323_320.jpg

DSC_0324_320.jpg
来週からはお天気も良さそうなので、
一気にとけてくれそうです。

※2015年度の募集は締め切りました

中村

4月のむすんでひらいて

ここで改めてご紹介させていただきますが、
NPO法人ポラーノの広場の活動の一つとして、
マコトノ草のタネ探し事業 があります。

ネーミングは、宮澤賢治の「精神歌」にある
マコトノ草ノ種マケリ という歌詞からいただきました。
宮澤賢治は、人としてどう生きるのが幸せなのかということを
生涯追求した人だと思います。
私たちも、この世で本当のこと、本当の幸せとは一体何なのか、
今の暮らしと照らし合わせて考えるときにあるのではと考え、
地域コミュニティを築き、情報を発信していくことにしました。
・・・これが、マコトノ草のタネ探し事業です。


2013年度から、東京賢治シュタイナー学校創設者の
鳥山敏子先生をお迎えして講演会を開いた時に始まり、
8回にわたって宮沢賢治の教え子たちの記録映画の上映や、
シュタイナー教育の入門講座を開催してきました。
これまでは、「DVD上映会」と呼んでいましたこの会も、
2015年度からは「むすんでひらいて」に変わりました。
やわらかな動きを表した言葉です。
結ばれた実によって、また次の花を咲かせるという
いのちのつながりの念も込められています。
気持ちも新たに、4月からはチラシのデザインも変え、
スケジュールも余裕を持たせた流れにいたしました。
今年度のおおまかな予定が書かれていますので、
参考になさってください。



 4月のむすんでひらいて

4月のむすんでひらいて画像_400

日時・場所
2015年4月12日(日)
オガールプラザ情報交流館2F小スタジオ

この日の流れ
13:30~15:10
「自然農~川口由一の世界~」
グループ現代+鳥山敏子製作記録映画
前回の続きを上映します。

15:20~16:10
意見交換(自然農実践農家さんが参加予定)

参加費
500円

申込
4月8日(水)までにお申し込みください。

途中参加・退場OK。どなたでもご参加ください。
託児をご希望のかたはお知らせください。

※今年度のこれからの予定は、
後日またアップいたします!


中村

こどもアートクラスin八戸へ行ってきました

2月28日(土)、こどもアートクラスin八戸に
参加させてもらうため、八戸まで行ってきました!

正子さんと、上映会でいつも座長を務めて頂いている
菊池さん、そしてわたくし中村と、その夫の4人で(;^ω^)
(遠距離で天候もちょっと心配だったので運転手をお願い
することになりましたのです)


IMG_1148_320.jpg
八戸市福祉公民館はすごく立派なところでした
とにかく、ひろい~
お座敷で、子供たちも沢山いて、始終和やかな雰囲気

IMG_1142 - コピー_320
1:30~2:30 さとちゃんのわらべうた&手あそび

〇とおりゃんせ
〇ぎっちょぎっちょ
〇米ついたらはなそ
〇いちじくにんじん
など
あと、沖縄そばのうたもやりました
小さな輪になって、身振り手振り、唄いながら

IMG_1145 - コピー_320
そのあとに、素ばなし
山羊とカラスが主人公の物語を聞きました
IMG_1147 - コピー_320
吉野仁子(よしのさとこ)さん
今回のために、つなぎ人「ハブさん」が
北海道から呼んでくださったそうです


わらべうたのあとは、
15:00~16:30まで演劇体験を。
川手鷹彦さん作・おおかみ きばおのお話で
小学校高学年から大人まで一緒にやってみました。
(ここからは、撮る暇がなく写真がないのです、すみません)
私たちはいきなり参加させてもらったのですが、
子どもたちは何度か練習したようでセリフも覚えていました。
3月末ごろには、何らかの形で発表する事を考えているそうです。

わらべうた&手あそびも演劇体験も、
大人と子供が一緒になって感じる事がとても心地よく、
この時間の中ではそれぞれの地位や立場など関係なく
それぞれが何かを感じることが出来る素晴らしい場でした。

いきなりこの記事を読み始めた人は、
「なんのためにやってるの?」と思うかもしれませんね。
私たちもまだまだ勉強中ですのでうまく表現できませんが
大人も子供も人間として豊かに成長し生きるため
じゃないかと思うんです。
世の中が抱えている大きな問題に、危惧している人は沢山います。
でも、世の中が良くない、と言って嘆いていても仕方がない。
大事なことはなにか。本気で考える時代なのではないでしょうか。
私たちポラーノの広場が行っている上映会も、
とどのつまりはそこだと思っています。

なかなか言葉で説明するのは難しいことですね。
私たちも今回八戸にはよくわからないまま行ったんです。
でもやっぱり実際に体験してみて初めて感じるものがあり、
行って良かったと思いました。



中村

検索フォーム
リンク
QRコード
QR