道路状況

明日9月1日は待ちに待ったオータムジャズ祭!!


天候も、当初の予報より
前線がずれて何とか大丈夫かな?!
予報だと、午後は降らなそう。


雨天決行です。

お足元が悪い中ですが、
皆様ぜひぜひお待ちしております。



中村
スポンサーサイト

出店あります♪

9月1日岩手県紫波町で行われる
あづまね山麓オータムジャズ祭in紫波ビューガーデン
今年で第7回目の開催となります。

あづまね山のふもとの芝生広場に
一流のジャズマンが集い演奏します。
ジャズを聴きながら小腹が空いたらお食事や
ビールやワインのアルコールもどうぞ。

今年は盛岡に開いたばかりのタイ古式
マッサージのお店が出店されたり
ちょっと楽しみなお店もあります。


飲食店(50音順


串棒~ず(盛岡)

フランク、から揚げ、厚切りベーコン、
あげたこ焼き、チョコバナナ


さくら製作所(紫波) 

お好み焼き、焼きそば、コーヒー、お菓子類


鉄板焼きOBARA(北上)

納豆焼きそば、フランク、串ベーコン


Humming Bird Bakery(紫波)

焼き菓子、ケーキ、クッキー、パイ、タルト


ビューガーデン(紫波)

おにぎり、コーヒー、アイス


フルーツパーク(紫波)

ワイン、ジュース

ゆめ屋(仙台)

大阪いか焼き、フランクフルト、から揚げ、
冷やしパイン、カキ氷(フルーツのせ)


ラ・フランス温泉館(紫波)

ビール、ドリンク


ロタ・ベーグル(紫波)

ベーグル



クラフト雑貨・その他

i・mari

手作りアクセサリー、手作り雑貨、古着


癒しサロンタイ古式ヒーリングHahaha

ハンドマッサージ&エンジェルカード


玉山キャサリン会

古着、雑貨、古本、手芸品




私は毎回スタッフとして参加してるので
ゆっくりお店が見れず残念です。。。
皆さん、是非お店を見て回って
のんびりしていってくださいね~

中村

ジャズ祭出演者ピックアップ

オータムジャズ祭出演者ピックアップ

mikami.jpg

三上寛 (みかみかん)プロフィール
 
1950年3月20日青森県北津軽郡小泊村に生まれる。67年同郷の詩人、寺山修司などの影響を受けて現代詩を書き始める。 69年ライブ活動開始。71年レコードデビュー。タブーな性言語、日本の呪われた風習を題材にした「怨歌」を歌いセンセーショナルを巻き起こし、 日本を代表するフォークシンガーとして確立。デビュー40年、還暦を越え、 青森という土地をバックボーンにパワー溢れる津軽を原風景とした人間の 生き様を歌う自作の唄はこの平成の時代の津軽民謡なのかもしれない。)
 また詩人として詩集やエッセイも著書多数。
 ほかフィールドは広く、俳優(映画「世界で一番美しい夜」 「戦場のメリークリスマス」「トパーズ」などに出演) レポーター(NHK-TV「ふだん着の温泉」)などで活動。
(三上寛オフィシャルサイトより)

先週、藤圭子さんが亡くなるという訃報が届きましたが
藤さんと言えば「圭子の夢は夜開く」が有名ですね。
原曲「夢は夜開く」はそもそも曾根幸明さん作曲の日本の歌謡曲で
様々な歌い手が詩を変えて歌っています。
三上寛バージョンの「夢は夜開く」は一度聴けば忘れられない
強烈なインパクトがあり、放送禁止用語があったりもろもろ有名です。
現代の若者には馴染の少ない、いわゆる怨歌やアシッドフォークと
いわれるジャンルの独特な世界が特徴で、今回が初出演となります。


富樫

富樫春生(とがしはるお)

あづまねオータムジャズ祭ではWASAVIでお馴染みの
ピアニストでありプロ・セッションマンの富樫さん。
3歳からピアノを始め現在まで音楽の世界で活動され続けておられます。
山口百恵からKinki Kidsまで録音に携わった曲は
1万曲を超えるそうです。
2008年に鬼束ちひろの復活に力を貸し
(ユーチューブで見ると後ろで富樫さん
ピアノ弾いてますね)ラルク・アン・シェルや
CRAZE、 ペニシリンなどのプロデュースも
され、本当に幅広く活躍される重鎮ピアニストです。


ユーシン

吉田ユーシン(写真:1997年ワールドハープチャンピオンシップにて)

こちらもお馴染みのブルースハープの吉田ユーシン。
ハーモニカの世界大会でチャンピオンに輝いた功績を持つ。
もともと岩手県出身で盛岡第四高校の卒業で、
過去には母校での教室開催や一関アイドーム落成記念
ハーモニカコンサートを開くなど岩手県でも活躍されています。
現在、10ホールズハーモニカ(ブルースハープ)プレーヤー&
インストラクターとして、東京と仙台で指導にあたるとともに
ライブ活動も積極的に展開しています。
魂を揺さぶるブルースハープとその明るく人懐こいキャラクターで
毎年オータムジャズ祭をトリで盛り上げてくれます。



keiko.jpg

ケイコ・ボルジェソン

1980年代からジャズアーティストとして、アメリカ、ヨーロッパを中心に成功をおさめ、日本での年間10回程度のコンサート以外は、10ヶ月以上海外での演奏活動となっています。
東京麻布生まれ。スウェーデン在住。
人種を越え宗教を越え愛と祈りとジャズで地球平和を訴えるジャズシンガー。
当初出演者名簿になかったケイコさんですが、
2週間ほど前ご本人からジョニーさんへ電話があり、「行くからね~!!」
とのことで急遽、参加となりました。行くからねって、スウェーデンから・・・ひえ~
とてもパワフルな彼女のステージはそのエネルギッシュな人柄から発せられる
ものなのか聴く人を圧倒的に魅了します。今年はどんなケイコさんに会えるか
そのファッションにも注目。



そのほか正統派ジャズドラマーであり俳優でもありますバイソン片山さん、
とにかくやることが型破りでワイルドなドラマー、のなか悟空さんなどなど
個性あふれるジャズマンがわんさか登場!
地元からは今年横浜ジャズプロムナードに出演が決定しました
金本麻里さんなどこれからも注目の出演者ばかりです。
金本さんは前日紫波のオガールで行われるオーガニックフェスタでも
歌われます。31、1日は紫波が熱い!!皆さんお待ちしてます

中村



ジャズ祭タイムテーブル

第7回あづまね山麓オータムジャズ祭   

タイムテーブル

10:00開場

11:00~11:20 瀬川真弓(p)3人+黒江俊(ts)
11:25~11:45 レディ・ソウル8人(絵美夏グループ) 
11:50~12:10 佐藤司美子(p)3人
12:15~12:35 鮪(うちだまさる・みゆき)8人
12:40~13:00 米澤秀司(as.fl)4人
13:05~13:25 金本麻里(vo)+澤口良司(ds)3人

13:35~14:05 富樫春生(p)3人
14:10~14:40 バイソン片山(ds)4人
14:45~15:15 のなか悟空(ds)くのいちジンコク5人
15:20~15:50 ケイコ・ボルジェソン(p.vo)3人
15:55~16:25 三上寛(g.vo)
16:30~17:00 吉田ユーシン4人
17:00~17:30頃まで 全体セッション    

司会・石田麻衣

取材の一日

ジャズを愛しジャズと共に生きる開運橋のジョニーこと
照井顕プロデュースのこのジャズ祭は
全て手作りのため、地味ではありますが
出演者は一流で最高に素晴しい方々が揃っています。
どうして岩手県のこのガーデンセンターで
こんなレベルの高いステージが組めるのか。
当然ジョニーさんの人脈っていうこともありますが
大自然の中での演奏そのものや全て手作りでの雰囲気が
出演者の方がたに愛されているようで
毎年遠方からはるばるいらしてくれて
そして成り立っているのです。

なんと嬉しいことでしょうか

昨日は一日ジャズ祭関係の取材でした。
岩手日報さんの取材、
IBC岩手放送 ラジオカー684の中継、
ごきげんテレビ “ビバ!ワンダフォー!”

DSC_0285.jpg
ラジオカー684の中継風景
ジョニーさんがヒットを飛ばし
大塚アナでホームイン

中村


大通りジャズフェスティバル

お盆前の8月11日、岩手県盛岡は大通り、
野村證券前にてジャズフェスティバルが
行われました。
企画:開運橋のジョニー

DSC_0260.jpg
道行く人が腰をおろし聴きいる


昨年までは毎月行われていたそうですが
今年は今回限り。
うだるような暑さの中
12:00~16:00まで行われました。

私と正子さんは9月1日開催の
第7回あづまね山麓オータムジャズ祭
in紫波ビューガーデン
のチラシ配りをせっせと頑張りながら
真夏のジャズを堪能しました。

スタッフ含め演奏者の皆さん、
暑い中お疲れ様でした!

DSC_0258.jpg


 中村





もりサポ草取りボランティア

しばらく続いた雨のせいで
芝刈りも草刈りも草取りも出来ずに
ビューガーデンの園内は荒れ模様。

お盆までに少しでもきれいにしたいなと
スタッフも出来るだけ手をかけます。


先日の5日、もりおか若者サポートステーション
(厚生労働省と盛岡市から事業を受託しておられる
特定非営利活動法人 もりおかユースポートの皆さん)が
草取りのボランティアに来てくださいました。

もりおか若者サポートステーションでは
ニート、ひきこもりと呼ばれる若者や
その他困難を抱える若者たちの支援を行っています。
主に就業や自立を目指しいくつかの段階を経て
社会参加への歩みをサポートする取り組みを
していらっしゃいます。

ポラーノの広場では
社会的弱者の自立の一助となるよう
緑地管理事業の伝え講座を行い
就労につなげたいという活動を
6月頃から行っていましたが
なにしろ手探りでどっちに進んでよいのか
まったく分からない状況の中
ユースポートの新田さんとお会いする機会があり
この度ボランティアとしてお越しいただくことと
なりました。


現在人口の2.2%が一般にニート、ひきこもりと
呼ばれる若者で、岩手県では約5千人ということです。
これは都会である、ないに関わらずの数字であるということ。
身近なところでの現実。
考えかたは人それぞれと思いますが、
ビューガーデンに来て汗を流すことで活力になってくれるのなら
この上ないことだと思います。


この日はハーブ園を皆で草とり。
あまり暑すぎず、心地よい汗をかけて良かった。
膝が悪い人も一所懸命草を取り続けて頑張ってました!
また来たいね~ということで嬉しいです。が、次回来たときには
また草が生えてると思いますが・・・がっかりしないでね!!
 
 中村


8月5日もりサポ写真

東京賢治シュタイナー学校鳥山敏子先生のお話を聞こう




《マコトノ草ノタネ探し講演会》

東京賢治シュタイナー学校創設者
鳥山敏子先生のお話を聞こう



シュタイナー教育は、人間の成長についての深い洞察に満ちた思想家、哲学者であるルドルフ・シュタイナー(1861~1925年:オーストリア)の人間観に基づいた独特の教育です。この教育理念に基づいて、1919年、ドイツで最初のシュタイナー学校が誕生しました。
また、岩手の優れた思想家・宮澤賢治の精神とは、「正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に意識してこれに応じて行くことである。」(宮沢賢治 1926年)というものです。これは、宇宙・自然・他者とつながる「共生の精神」ということができます。この精神は、ドイツのルドルフ・シュタイナーが提唱した精神ともみごとに繋がっています。
「東京賢治シュタイナー学校」はその命名からもわかるように、宮澤賢治の世界観・精神を拠りどころとして設立されました。

ポラーノの広場代表の瀬川正子は昨年東京賢治の学校を見学した際大きな衝撃をうけ、こういう教育があるということを特に若い人達に知ってもらいたいという思いから今回学校創設者である鳥山敏子さんをお迎えしお話していただく運びとなりました。

シュタイナー教育という言葉は聴いたことがあるけれど、普通の公立学校とどう違うのか、また実際どのような授業を行っているのかなど、興味があるかたはぜひこの機会にご参加ください。


申込:019-673-7882(ビューガーデン)
    090-9631-3430(中村涼子)

主催:特定非営利法人ポラーノの広場
NPO法人ポラーノの広場では
暮らしに関わる諸問題、
とりわけ食と農、環境、教育について賢治の教えを学び、
マコトノ草のタネ探しとして発信を行っていきます。



コピー ~ シュタイナーチラシ



検索フォーム
リンク
QRコード
QR