スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠藤教授のシュタイナー講座 全6回シリーズ…2回目開催のお知らせ

3月も早や10日、ドカドカと降ったり、ぐしゃぐしゃと解けたり
ずいぶんと厄介な雪に悩まされる春の入口ですね。

大雨と雪解け水のダブルパンチで洪水被害が発生したり、
皆様のお宅は大丈夫だったでしょうか?

さて、むすんでひらいてサークルからのお知らせです。

ma遠藤チラシ_kann 400

遠藤孝夫教授によるシュタイナー教育講座 全6回の2回目

『ヴァルドルフ学校運動の展開とナチズム体制の下での「抵抗」』

と き 3月24日(土)13:30~16:30
ところ オガールプラザ 紫波町情報交流館2F 大スタジオ
参加費 500円
申込み 3月20日までに瀬川(090-1930-7630)あて
    申し込んでください。

1919年以降のヴァルドルフ学校運動の展開について、ヒトラー政権下、
シュタイナー学校はナチズム体制に対する一つの「抵抗」を行う存在であった
という側面を浮き彫りにします。
 

スポンサーサイト

むすんで講座1~2月

むすんで講座 13
と き 1月28日 13:30~16:30
ところ 紫波町二日町 瀬川宅
内 容 シュタイナーの世界dvd鑑賞と話合い
    子安美知子さん案内役のシュタイナー実践記録映像を鑑賞します。
参加対象 むすんで講座の会員のみ


 むすんで講座とは*シュタイナーの思想を学ぶ勉強会です。
 お問い合わせは ポラーノの広場 瀬川正子迄(090‐1930‐7630)


むすんで講座14
と き 2月18日(日)13:30~16:30
ところ 紫波町二日町 瀬川宅
内 容 テキスト「ベーシックシュタイナー」で学びます。
講 師 菊池澄子先生
対 象 むすんで会員のみ

ドイツでの実践記録鑑賞会

新しい1月も半分過ぎて、お正月気分はすっかり抜けきったところでしょうか。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

1~2月のシュタイナー関連講座などのお知らせです。

☆子安美知子さんとたどるシュタイナーの世界
      4巻まとめて鑑賞会

maSKM_C284e18011809310_kann 400

と き 2018年2月3日(土)13:00~17:00
ところ 紫波町オガール情報交流館2F 小スタジオ
内 容 ドイツのシュタイナー実践運動の現場を、NHK衛星第2のテレビ番組と
    独自取材で制作。シュタイナーの世界がよくわかるとてもとても貴重な映像です。

日 程 13:00~ 1巻/教育は芸術だ
    14:00~ 2巻/教室は社会へ広がる
    15:00~ 3巻/シュタイナー教育の原点へ
    16:00~ 4巻/農業と共同体

入場無料 長時間になりますので出入り自由です。都合に合わせてご参加ください。

    

バイオダイナミック農法の鈴木愛子さん!


12月11日、朝7時に突然メールが…なんと北海道でバイオダイナミック農法で
お米や野菜を作っている鈴木農園の愛子さんから。
9時に仙台を出るので立ち寄って下さるという。

 実にパワフルなお母さんでした!(^^)!
私より1周り半も若い彼女はお子さん二人との三人で、7町歩の田畑
有機栽培やバイオダイナミック農法でお米と野菜を作っているのです。
「もう、大変なの!」といいつつもなぜか楽しそう。

今回は、約2週間かけて九州迄、バンの軽自動車で一人旅!!
勿論、観光目的ではありません。バイオダイナミック農法の先進地
でもある大分県のぽっこわぱさんの農場を訪ねたり、
四国や関東関西に点在するシュタイナー学校を訪問したり、
様々な情報交流を兼ねた、研修の旅でもあったようです。


organikkusuzukinouenn_400.jpg

9月の岩手オーガニックフェスタに参加してくださった愛子さんと圭介さん(真ん中の二人)

 
日頃、北海道泉の学校の発足経過を知りたいなと思っていたところ
だったので、夕方4時過ぎまでほぼ5時間、
ずーっと色々なお話をお聞きすることができました。
あんまり一度にお聞きしたので、記憶に残っていません(-_-;)
ただ一つ、分かったことは「やれば出来る!と信じて
夢中で目の前の課題を次々にクリアしていった」ということ。

シュタイナーの気質論でいうところの「多血質」と「胆汁質」を
5分5分にお持ちの方のようでした。
   (すみませんよくわからず使っているかも(-_-;))

岩手でも十分寒いのに、もっと厳しい気候の北海道で
すごいなあと思うばかりです。  (正子)

水彩画体験講座終了

12月のひらいて講座「シュタイナー教育による水彩画体験講座」
終了しました。子供会の行事やらと色々重なって、
参加者が少なかったので私も体験しました。
なかなか思うようにはいかず、もたもたしている(>_<)うちに
写真を撮るのをすっかり忘れ、終わってから気付く有様(-_-;)

私の作品もお見せできるようなものではありませんので
写真無の御報告です。(;^_^A

少人数ながらも楽しいスタート、先ず鈴入りの羊毛ボールを
鳴らして自己紹介、続いてお手玉回し、わたしあなたわたしあなた
わたしあなたでわたしたち と右回りと左回りに回します。左回りが結構大変!

水彩画は濡らし絵です。濡らしたスポンジで画用紙の表裏を拭き、
硬く絞ったスポンジで表を軽く拭きます。
今日の課題はブルーに塗った地面から黄色に塗った地上へ、
若葉が芽を出すように描くのだけど~あらら~。

2枚目は画用紙を斜めに青と黄色に塗り分けて、明るい黄色のお空には
太陽を、暗いブルーには三日月を・・・何とか書いたけどあれ?
滲んでゆがんだぞ!

紙の濡らし加減や、色の溶かし加減で結構変化してくるのでなかなか
面白く大人も夢中でした。
 
講座の締めくくりにはライアーの弦をみんなで交互に鳴らしてみました。
ライアーという楽器にふれるのもみんな初めて!
優しい響きをしみじみ味わいました。

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。